ダイエット器具としてのツイスト&シェイプ

ダイエット器具 > ダイエット器具 > ダイエット器具としてのツイスト&シェイプ

ダイエット器具としてのツイスト&シェイプ

ツイスト&シェイプはよくテレビで登場していましたからご存知だと思います。テレビだけでなく、雑誌等の通販などでも売られているダイエットの器具ですね。

燃焼系トルネードステッパー【ツイスト&シェイプミニ】

ツイスト&シェイプではステップ運動を行います。足ふみだけですが上半身も動かしますから全身運動です。主にウエストに効きます。それに太ももやふくらはぎ効果があります。

ステップを踏むだけなので初心者でもとりかかりやすいです。誰でも簡単に始められ、すぐに使用することができます。また、値段も他のダイエット器具と比較して高価ではありません。手軽に始められるということで多くの方が購入されています。

また、ステップ数(歩数)や消費したカロリーもおおよそ測定できますので、今日はこれぐらいできたので、明日の目標はこれぐらいにしようなどと目標設定ができます。このように自身のペースで計画的にできますから、とても人気のある、好評のダイエット器具となっています。

それでは、ツイスト&シェイプは実際にダイエット効果はあるのでしょうか?ある程度時間をかければ、有酸素運動によって脂肪が燃焼します。また、筋力トレーニングにもなりますから、二つの効果を同時に得られます。確かにステップを踏むと有酸素運動ということになります。しかし、どうでしょう。体重を減らしたい方がこれだけで結果を求めることはお勧めできません。

このダイエット器具は、ダイエット向きではありません。筋力トレーニングをするために作られた器具なんです。ツイスト&シェイプは、ステップをするときに起こる上下のたての運動に、体を横にねじる横の運動が加わるもので、独自の動きなのです。

太ももの内側や外側という身体の部分を引き締めるもの、あるいは腰の上部、ウエストラインを引き締めるものです。ひとつのダイエット器具に過ぎないので、10kg以上のかなりの体重減少を狙ってもあまり高い効果は期待できないでしょう。もちろん併用はいいですよ。

トレーニングセットの一部として利用するのはいいです。かなりの体重を減らすには食事などの生活習慣を変えないとダメです。大量に吸うタバコをやめるとか、食べたいものを我慢するような精神力を鍛えることも重要です。

ツイスト&シェイプは今やどこにでもあると言っても過言ではありません。軽いダンベルと同じように、フィットネスやトレーニングジムに置いてあります。ですから完全にダイエット器具の範疇に入っています。

多忙の方、育児で手を離せられない方、日頃忙しくてジムに行く時間がない方や、高齢の方、その他の事情で忙しい方でちょっとなまった体を引き締めたいと思っている方には合間にできますからお勧めですね。

器具はかさばらないですし、8キロ程の重さなので、女性でも自由に移動出きますし、消音に注意すれば集合住宅のような下の住人にも迷惑をかけることなく、気兼ねなく使えます。

初めてツイスト&シェイプをする方もおられるでしょう。そういう方は始めから激しくやるのでなく、慣れるまでは静かに、あるいはゆっくりと使用した方が良いのではないかと思います。

器具を踏み込むと言いっても、バランスを崩してケガをしてしまうことがあります。身体から離れている器具ですから、安定するように注意してください。安全は第一です。

怪我をしてはダイエットを始めた意味が別のものになってしまいます。安全対策は十分にしておきましょう。


燃焼系トルネードステッパー【ツイスト&シェイプミニ】


関連記事

  1. ダイエット器具のアイス ダンベル ダイエット
  2. ダイエット器具のシェイキングスリマー
  3. ダンベルを使ったダイエット
  4. 単なる椅子ではないダイエット器具のエアリーシェイプ
  5. ダイエット器具のフトラセン
  6. フィットネスボールとバランスボール
  7. ダイエット器具として使えるWiiフィット
  8. ボクサーが使っているサウナスーツ
  9. ダイエット器具として有名なエアロバイク
  10. ダイエットに役立つパワープレート
  11. ダイエット器具としてのツイスト&シェイプ
  12. ダイエット器具のスレンダーシェイパー
  13. ロデオボーイを使ったダイエット
  14. さまざまなダイエット器具
  15. ダイエット器具EMSで、エクササイズできるのか?
  16. ダイエット器具の口コミを調べる
  17. 下半身痩せを狙ったダイエット器具
  18. ダイエット器具でぶるぶる振動
  19. ダイエット器具のタイプ

var ID="100372705"; var AD=0; var FRAME=0; // -->